義母の痴態の妄想 近親相姦体験談告白掲示板

レス表示:新着順 古い順
1 慎太時計 2012/03/13 14:33 電話3PC PC

ぼくは26歳で3年前の春から会社勤めをしています。
母はぼくが10歳のときに他界して、4年間は父とぼくの2人暮らしでした。
父は教師をしていてとても厳しい人でしたので、その4年間は息の詰まるような生活でした。
でもぼくが中2のときに父が再婚して、3人で暮らすようになりました。
義母は当時今のぼくと同じくらいだったと思います。
義母(景子さん)は綺麗で明るい人でしたので、それまでの父との2人暮らしをグレーと表現するなら
景子さんが来てからはオレンジに変わったような、それくらい家の雰囲気も変わりました。
景子さんは以前父の教え子だったそうで、やはり同じ教師になっていました。
なんかの会合で父と再会したあとで、母が亡くなって父がぼくと2人暮らしをしていると聞き
情にほだされるというか、同情もあって父と再婚したそうです。
景子さんが言うには、教え子だった当時、父に憧れてた、ということです。
景子さんが来てからの生活は楽しかったのですがひとつツライ点がありました。
それは父と景子さんの夜の営みです。
厳格な感じの父でしたが精力絶倫だったらしく、毎晩のように夜0時過ぎになると
2人の部屋からアノ声や音が聞こえてきました。
景子さんも当初は気にしていたらしく、「慎ちゃんに聞こえる」「まだ起きてる」とか拒む声がしていました。
でも父が「まだ子供だから」とか「部屋の音は聞こえない」とかいって説得して営んでいました。
父はドアを閉めれば音は外に漏れないと、最後まで信じていたようです。
でも部屋の音はよく聞こえていました。だからぼくは音楽聴くときはヘッドフォンを使っていたんです。
父の言うことを信じて、景子さんも生活習慣のように、夫婦の営みに応じるようになりました。
中学から高校生の、最もSEXに興味がある時期のぼくとしてはたまりません。
毎晩のようにそんな声、音を聞かされて(わざわざ聞きにいってたんですが)、景子さんの痴態の妄想が
広がるばかりでした。毎晩その妄想でオナニーしまくっていました。

2 慎太時計 2012/03/13 14:34 電話3PC PC

高校に入ってからは早く経験がしたくて、いろいろなツテを辿って人妻風俗嬢に童貞を差し上げてから
勉強や部活に支障がない程度に、エッチ経験を重ねました。
景子さんへの憧れを忘れるためでしたが、ますます景子さんへの妄想でのオナニー回数が増えたようです。
ぼくが関西の大学を受けて、そのまま大阪で就職したのは、父と景子さんの夫婦生活から離れるためでした。
新婚当初のように毎日はしていないようですし、ぼくも部屋の前に聞きに行くようなことはあまりしなくなったものの
したと思える朝は、景子さんが嬉し恥ずかしそうな顔でニコニコして、いかにも昨夜は満足じた、みたいな顔を
していたので、よけいに妄想が広がってしまうのです。
大学に行ってからは年数日しか父と景子さんに会うことはなくなりました。
ぼくが関西に行ってから5年以上たった1年半前の夏、父が急死しました。
1,2年前から体調は悪かったらしいのですが、病院嫌いの父は景子さんの前でも平然とふるまい
倒れて病院に担ぎ込まれたときにはもう末期ガンで、それからわずか1週間で亡くなりました。
父は54歳でした。景子さんは35歳で未亡人になり、あのマンションにひとり暮らしになりました。
景子さんは結婚してからも休職せず、ずっと教師の仕事をしています。
それから1年半が過ぎた先月、ぼくは東京への転勤(支店採用なので転勤扱い)の辞令をもらいました。
業務の引継ぎとか手続きのため東京に行くときに、景子さんに電話すると喜んで、家に帰ってくるんでしょ、
と聞かれました。それでいいんだろうな、と思いました。
会社に行って、新上司と食事を済ませてから、家に帰りました。
景子さんは晩酌の用意をしておいてくれて、とても嬉しそうにぼくを迎えてくれました。
父が亡くなったときも、景子さんも老けたな、とは思いましたけどこうしてにこやかな顔をしていると
昔みたいに綺麗でかわいいなと思いました。

*前 #
次の頁(返信数:1)
レンチスレッド設定
本日[ 13 ]
昨日[ 1 ]
累計[ 5483 ]