近親相姦体験談告白掲示板

2人の姉と 1匿名希望時計04/16 09:38電話3PC PC返信

私には姉が2人おり、子供の頃から異性として見て意識していて他人には興味がありませんでした。
私が小学校3年の時に下の姉にお願いしてマンコとアナルを見せてもらいました。
それ以来私の欲求はエスカレートしていき、見るだけから手で触れるようになり、次に舐めるようになり、素股までさせてもらえるようになるのに時間はかかりませんでした。
そして私が小学校5年の夏休みに下の姉とお風呂でセックスしました。
生で挿入させてくれましたが、経験も無い子供にタイミング良く外に出す事など出来るはずも無く中に出してしまいました。
さらに下の姉はアナルの開発も自ら進んで私に頼んできました。
私に弄られている内に癖になったようで、私は喜んで下の姉のアナルを開発し数か月後には私は下の姉でアナル童貞も捨てる事が出来ました。
下の姉との関係を続けたまま私が中学2年になったある日の深夜、寝苦しくて目を覚ますと上の姉が私に抱き付いて寝ていました。
トイレに起きた後、寝ぼけて間違えて私の部屋に入ってしまったようです。
しかも上の姉はぬいぐるみを抱いて寝る癖があるので、私をそれと勘違いしてしまったんだと思います。
私は一瞬で理性が飛び、上の姉に手を出しました。
幸いパジャマを脱がせている時に目を覚ます事はありませんでした。
愛撫しても一向に起きる気配が無いので両足を抱えて正常位で生挿入しました。
上の姉のマンコは見た目の綺麗さだけでなく締まりも下の姉より格段に強いです。
何度も途中でイキそうになるのを我慢して少しでも長く楽しもうと努力しました。
しかしついに限界が訪れ、それでも抜きたくなかった私は中出しする事にしました。
激しく腰を振り、しっかりと根元まで挿入したまま射精しました。
精子を全て注ぎ込んだ後で全身の力が抜けていき、私は上の姉に覆い被さり余韻に浸りました。
不意に私は抱き締められ、顔を上げると上の姉が目を覚ましていました。
私は気付きませんでしたが、愛撫の途中で眼を覚ましていたそうです。
しかし、そこで目を開けたら私が傷つくと思って寝たふりを続けていたそうです。
それでもまさか本当に挿入し、中出しまでするとは予想していなかったと言います。
こうして2人の姉との関係が始まりました。

母親の体に憧れを・・ 1シンタ時計03/13 14:24電話3PC PC返信

25歳の男性です。私は奥手で女性と接することが苦手で
性の処理はオナニーです。それでも女性の体に憧れを持ち、
毎日悶々としていましたが、一ヶ月くらい前に始めて母親とやりました。
48歳の母親ですが、父55歳は昨年他界しました。
狭い家なので時々両親が営んでいる場面を覗き見したり、声を盗み聞きしたりして、その最中に我慢出来なくてオナニーしていました。そのせいか母親の体に憧れを持つようになっていました。
最初は、母親が風呂から出て体を拭いている姿を見て、我慢できずに後から抱き付き、お母さんしたい、やらせて、と懇願しました。母は驚いて何も言えずに私の手を解こうとしましたが
私はそのまま後ろから母を抱いたまま、台所の横の居間に連れ込んで半ば犯すように母を横にさせました。母は、わかった、乱暴にしないで、と言い、好夫ちゃん、も脱いで、と言って
私のパジャマを脱ぐのを手伝うようにしてくれました。
落ち着いては葉を見ると母の体は少しふっくらとした色白で
綺麗でした。私のペニスはもうビンビンに勃起しており
以前母と父がしていたのを見ていましたのでセックスをどのようにするのか位は解っていましたのですぐに母の上に乗り
いきり立った私のものを母の割れ目にぎこちなく入れようとしましたが割れ目のどのあたりが穴かもたもたしていましたら
母が自分の手でペニスを握り、入れてくれました。
その時はまだ女の体が濡れると言う事を知りませんでしたが
いま考えると母の体はすでに男を受け入れる準備が出来ていたのか、奥までスルッという感じで滑りこみました。
母はウッと呻くよな声をあげ、下から腰を上下に振るようにしていました。母の体は暖かくヌメヌメとして動くごとに凄く気持ちが良く、二分くらいで射精してしまいました。

2名無しさん時計03/09 06:01電話3PC iPhone

25歳の 男性の話しとは 思えない話しですね。

最近知り合った友人。母親が不眠症とかで睡眠薬を使ってるらしい。
それ聞いて、高かったけどこっそり売ってもらった。目的は内緒にしといたけど。
正直使うの迷った・・・俺の目的は実の母親。
無愛想にしてるけど実はかなりマザコンの俺。母は俺には甘い感じだけど。
女として抱きたいと思ったのは結構最近のこと。バイト先の仲良しのパートさんとホテルに行ったのがきっかけ。
とりあえず睡眠薬半分だけ飲ませて様子を見てみることにしてみた。
タイミング合わせて「偶然自分もお茶を飲みにきた」っていうフリをして風呂上りの母に睡眠薬入りのお茶を渡した。
緊張しながら少し時間が経つのを待って母親の寝室に向かう。
基本、母は眠りが浅いみたいで普段なら声をかければ起きることが多い。
母は起きなかった。ものすごく緊張しながら側に寄ってもう一回声をかけてみた。
やっぱり起きなかったから今度は肩を揺すってみた。いつもなら間違いなく起きるはずなのにやっぱり起きなかった。
しばらく母の横で突っ立ってたけど勇気を出してパジャマのボタンを少し外して母の胸を触ってみた。
そんなに大きくないけど柔らかくてあったかい。何より母の胸だと思うとハンパない興奮だった。
無反応の母を見てもう少しいけると思ってパジャマのボタンを全部外してみた。
大興奮の俺は母に体重かけないようにして両手で胸を揉んだり乳首を舐めたりを繰り返した。
「ふぅ・・・」
突然の母の声というか吐息。いきなりだったからビビって、思わず手を離して固まってしまった。
こんなことなら睡眠薬半分にしなきゃ良かったと後悔。
その日はもう一度触る勇気が出なくて起こさないようにパジャマを直して退散。
結局その日は洗濯機から母のパンツを持ち出して匂い嗅ぎながらオナニーして寝た。
後悔はしてないけど母に申し訳ない気持ちはいっぱいある。
でも、多分またすると思う。

2あき時計05/10 16:41電話3PC PC

>>1同じこと経験者です メール下さい

我が家の状況 1パパ時計10/21 13:00電話3PC Android返信

久しぶりに投稿させていただきます。

当店はHで、素敵なセレブ達が多数在籍しております。(´-ω-) ttp://we.32yt.net

2アキオ時計10/10 00:44電話3DoCoMo P905i

37歳独身彼女なしの三朝在住の田舎者です。よろしくお願いします。

初心者・女性も安心して楽しめます。☆-(ゝω・ )ノ ttp://sub.2xb2.com

美女・ロリ・お姉様・お嬢様・ギャルたくさん揃っています(*´ェ`*) http://org.32yt.net

未遂ですが・・ 1けんご時計03/13 14:36電話3PC PC返信

妻とはとうにセックスレスです。
下の娘は高二ですが、ぽっちゃりして肉付きが良く
去年の夏、旅行に行ったとき下着姿で寝ているのを
見て以来、意識してしまいある夜部屋に忍び込んで
しまいました。いつもパンティとキャミソールみたいな
格好で寝ているようで、寝相が悪くむっちりした腿や
土手の盛り上がった小さいパンティや妻に似て大きい
胸や乳首の突起を見ながらオナニーしていました。
触った事はありません。

最近若くして嫁いだ娘が旦那の単身赴任の間、しょっちゅう
家に来るようになりました。
上の娘も似たようなむっちり体型な上、授乳中で胸は
相当大きくなっている上、平気で孫にお乳をあげるので
大きな乳首も見ますし、風呂から孫を上げる時は半裸で
いたりしますので、居間に居ながら勃起することが
あります。
上の娘の部屋にも深夜入ってしまいました。
育児疲れか熟睡していますし、授乳のためかパジャマの
ボタンをしてなくて胸が露で大人の丸みを帯びた腰周りは
たまらなくセクシーです。
今は何とか抑えていますが、このままではいつ娘に触れて
しまうか自信がありません。
二人とも妻より私の方が好きなようで、居間でも隣に
くっついて座ってきます。下の娘はノーブラなので
いつもシャツの乳首の突起が気になってしまいます。
ここの掲示板の何割が本当か分かりませんが、娘と
結ばれたいと思う気持ちは皆さんあるのでしょう。
風俗は興味がありません。
可愛い娘だからこそ、こんな気持ちになるのです。
幸せですが、内心葛藤で苦しむ毎日です。

義母の痴態の妄想 1慎太時計03/13 14:33電話3PC PC返信

ぼくは26歳で3年前の春から会社勤めをしています。
母はぼくが10歳のときに他界して、4年間は父とぼくの2人暮らしでした。
父は教師をしていてとても厳しい人でしたので、その4年間は息の詰まるような生活でした。
でもぼくが中2のときに父が再婚して、3人で暮らすようになりました。
義母は当時今のぼくと同じくらいだったと思います。
義母(景子さん)は綺麗で明るい人でしたので、それまでの父との2人暮らしをグレーと表現するなら
景子さんが来てからはオレンジに変わったような、それくらい家の雰囲気も変わりました。
景子さんは以前父の教え子だったそうで、やはり同じ教師になっていました。
なんかの会合で父と再会したあとで、母が亡くなって父がぼくと2人暮らしをしていると聞き
情にほだされるというか、同情もあって父と再婚したそうです。
景子さんが言うには、教え子だった当時、父に憧れてた、ということです。
景子さんが来てからの生活は楽しかったのですがひとつツライ点がありました。
それは父と景子さんの夜の営みです。
厳格な感じの父でしたが精力絶倫だったらしく、毎晩のように夜0時過ぎになると
2人の部屋からアノ声や音が聞こえてきました。
景子さんも当初は気にしていたらしく、「慎ちゃんに聞こえる」「まだ起きてる」とか拒む声がしていました。
でも父が「まだ子供だから」とか「部屋の音は聞こえない」とかいって説得して営んでいました。
父はドアを閉めれば音は外に漏れないと、最後まで信じていたようです。
でも部屋の音はよく聞こえていました。だからぼくは音楽聴くときはヘッドフォンを使っていたんです。
父の言うことを信じて、景子さんも生活習慣のように、夫婦の営みに応じるようになりました。
中学から高校生の、最もSEXに興味がある時期のぼくとしてはたまりません。
毎晩のようにそんな声、音を聞かされて(わざわざ聞きにいってたんですが)、景子さんの痴態の妄想が
広がるばかりでした。毎晩その妄想でオナニーしまくっていました。

2慎太時計03/13 14:34電話3PC PC

高校に入ってからは早く経験がしたくて、いろいろなツテを辿って人妻風俗嬢に童貞を差し上げてから
勉強や部活に支障がない程度に、エッチ経験を重ねました。
景子さんへの憧れを忘れるためでしたが、ますます景子さんへの妄想でのオナニー回数が増えたようです。
ぼくが関西の大学を受けて、そのまま大阪で就職したのは、父と景子さんの夫婦生活から離れるためでした。
新婚当初のように毎日はしていないようですし、ぼくも部屋の前に聞きに行くようなことはあまりしなくなったものの
したと思える朝は、景子さんが嬉し恥ずかしそうな顔でニコニコして、いかにも昨夜は満足じた、みたいな顔を
していたので、よけいに妄想が広がってしまうのです。
大学に行ってからは年数日しか父と景子さんに会うことはなくなりました。
ぼくが関西に行ってから5年以上たった1年半前の夏、父が急死しました。
1,2年前から体調は悪かったらしいのですが、病院嫌いの父は景子さんの前でも平然とふるまい
倒れて病院に担ぎ込まれたときにはもう末期ガンで、それからわずか1週間で亡くなりました。
父は54歳でした。景子さんは35歳で未亡人になり、あのマンションにひとり暮らしになりました。
景子さんは結婚してからも休職せず、ずっと教師の仕事をしています。
それから1年半が過ぎた先月、ぼくは東京への転勤(支店採用なので転勤扱い)の辞令をもらいました。
業務の引継ぎとか手続きのため東京に行くときに、景子さんに電話すると喜んで、家に帰ってくるんでしょ、
と聞かれました。それでいいんだろうな、と思いました。
会社に行って、新上司と食事を済ませてから、家に帰りました。
景子さんは晩酌の用意をしておいてくれて、とても嬉しそうにぼくを迎えてくれました。
父が亡くなったときも、景子さんも老けたな、とは思いましたけどこうしてにこやかな顔をしていると
昔みたいに綺麗でかわいいなと思いました。

<<<1>>>
おもしろ商品・流行グッズの専門店です
流行グッズのコレキテル
本日:[ ]  昨日:[ ]  累計:[ 16784 ]